原因が分からない給湯器の水漏れの解決方法

給湯器に水漏れが生じているのは確かなのに、どの部分から漏れているのか分からないということがあります。水漏れの場所が分かれば、インターネット検索で交換対象の部品や修理代金、期間の目安も分かります。しかし、漏れている箇所が特定できなければ、詳細が分からず不安になる一方です。ここでは、水漏れの原因が分からない場合の対処の方法について説明します。

■まずは給湯器の利用を中止します

まず、水漏れをしている箇所が水抜き栓で長い間の不在があった場合を除いて、給湯器の利用はやめるようにしてください。給湯器内での水漏れは、不完全燃焼や電気部分の破損、ガスの漏出なども発生している可能性があるので危険です。
給湯器に水を供給している部分の止水栓を閉めて、ガスの元栓も閉めてから専門の業者に問い合わせるようにしましょう。

■ガス機器の専門家がいる水道業者に点検してもらう

原因が分からない場合の対処法として確実なのは、ガス機器を取り扱っている専門業者に現場を確認してもらうことです。給湯器に詳しい業者に自宅に来てもらい、水漏れの原因を特定してもらいます。その後、修理をする場合の見積もりもしてもらえば、給湯器の買い替えか修理をするのかの判断ができます。
なお、ガス機器のプロに現場を見てもらうときは、水周りの修理を専門にしている業者の中でもガスの有資格者がいるところを利用するのがおすすめです。見積もりや相談を無料でしてくれるのはもちろん、安全面が保証されます。

■まとめ
給湯器の水の漏れの原因が分からない状態のまま時間を費やすよりは、給湯設備に詳しいプロに相談するのが安心で確実です。見積もりなどを無料でしてくれるサービスを選べば、落ち着いて終了するかどうかも考えられるようになります。漏れた状態のまま使い続けることはできませんので、まずは、電話などで給湯器の状況を伝えるようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ