古い給湯器の配管からの水漏れ!原因とは?

10年近く使い続けている給湯器では、内部の配管から水漏れが生じるケースがあります。このケースの水漏れは、メンテナンスが必要になるトラブルで給湯器の使用もすぐに中止しなければなりません。ここでは、古い給湯器の配管部分からの水漏れの原因と水道 修理が必要になる理由について説明しています。

■配管をつないでる部分からの漏れの場合について

水漏れが起きているのが配管どうしをつないでいる部分からの場合は、パッキンと呼ばれる部品が古くなっているのが原因であることがあります。パッキンという部品は、硬質ゴムという素材でできていて時間の経過とともに材質が変化し、しっかりと水を止めておくことができなくなります。
このケースの水漏れはパッキンを交換することで直りますので、早めに水回りの工事業者に相談するようにしてください。

■配管そのものが変質している場合について

10年以上使用し続けている給湯器の場合は、配管そのものがサビなどで腐食してしまっていることがあります。腐食が内部から進んでいる場合は、水にサビなどの異物が混入してしまいますし、水漏れしている状況で給湯器を使い続けることは大変危険です。
給湯器の使用は直ちに中止して、水回りの工事業者に配管交換のメンテナンスを依頼するようにしてください。なお、配管そのものが変質しているということは、他の部品も相当の劣化が進んでいると考えられます。給湯器の交換も視野に入れて、プロの工事業者に相談するのがおすすめです。

■まとめ
古い給湯器の配管からの水漏れは、比較的よく起こるトラブルの一つです。修理にかかる期間も1日以内で終わることがほとんどで、その日のうちにお湯が使えるようになります。夜間や土日に対応してくれる工事業者もありますので、まずは、給湯器の点検とメンテナンスを依頼した場合の見積りを取ることをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ