冬場の給湯器の水漏れの原因と修理について

冬場になると、給湯器からの水漏れのトラブルが多くなります。寒い冬場にお湯が使えなくなってしまうと、キッチンでの洗い物が不便になり、お風呂にも入れなくなります。水漏れを起こしたまま給湯器を使い続けるのは危険なので、早めに原因について確認し、修理をしてもらうようにしてください。

■冬場は給湯設備の配管凍結に注意しよう

冬場に給湯器の水漏れが多くなるのは、配管の中の水が凍ってしまい、このことが原因で配管が破損してしまうからです。配管に穴が開いてしまったり、配管どうしのつなぎ目部分に損傷が起きてしまうと、そこから水が漏れてくるようになります。
水が漏れてしまった場合は、配管を新しいものに交換するか、配管つなぎ目部分の補修をする必要があります。高い費用が発生する修理ではありませんので、できるだけ早めに修理を依頼するようにしてください。

■給湯器が古い場合の水漏れ修理について

給湯器の購入から10年近く経っている場合は、配管の交換だけではなく、パッキンなども同時に交換しておくと安心です。凍結による水漏れの終了する場合は、給湯器を分解しますが、同時に消耗品であるパッキンも新しいものに交換しておけば、将来の水漏れトラブルの予防になります。
水回りの修理業者の費用は、出張料金と技術料金、部材費からなりますが、一度の出張料金でメンテナンスまでしてもらえるのでお得になります。

■まとめ
冬場は、給湯器 水漏れが多く発生していますので、定期的に設備の周辺を確認するのがおすすめです。給湯器の周辺に濡れた部分があるときは、水漏れを疑う必要があります。水漏れを放置したままの使用は大変危険になりますので、水で濡れている原因を特定する必要があります。もし、給湯器周辺の水濡れの原因が分からないときは、水回りの専門業者に連絡をして確認してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ